恋愛テクニック          

もてる為にやってはいけないこと

     

男ばかりの環境で、男性に人気のグッズを身につければ、あなたは今よりも格段にもてるようになります。
 

まずは男性に”もてる”という感覚を知り、あとはこれを応用して、”男性に人気のグッズを”彼の好きな”グッズに変えれば、狙った男性からの気を惹くこともできるようになってきますし、そのようなテクニックを身につけてこそ、冒頭で「意味がない」と言って一蹴した、ダイエットや、料理、習い事などで女を磨くことが、彼を虜にするほど惚れさせる上級テクニックとして生きてくるのです。
 

もてるためには、間違ってもこの順番を間違えてはいけません。


何度も言いますが、“恥じらい”の無い女性は、何をやっても効果は薄いですし、逆にこれがあれば、それだけで十分にもてるし、多くの男性を惹きつけられるだけでなく、一般的にいい女の条件と言われることをすれば、鬼のように効果を発揮します。
 

少し前置きが長くなりましたが、もてそうで意外ともてない、やってはいけないことを紹介します。
 

まずひとつは、空手やボクシングなどの、格闘技や、野球、サッカーなど、男性イメーの強いスポーツに自ら選手として参加することや、トラックの運転手など、男性イメージの強い職業に就くことです。
 

これら男性イメージの強いスポーツや、職業は、当然男性ばかりですが、これらに参することは、自身も男性っぽく振舞わなくてはならない為、男性から女性として扱われません。


なので、よほどアイドル系の見た目をしているなど、そもそも抜群にもてる要素がなければ、今より格段にもてなくなるので、絶対にやってはいけません。
 

それから、これも意外にもてないことの一つですが、ピンク系の強すぎる服装や、ドレス系の服装は、全くもてませんので注意しましょう。
 

あまりに乙女チックな見た目や趣味は、子供っぽさを連想させ、SEX と結びつかない為、色気を感じづらいのです。
 

見た目が童顔で若く見られることと、雰囲気が子供っぽいのは、まったく意味が違います。
 

見た目は、童顔でも、大人っぽくても、老け顔でも、なんでもいいです。

 

でも、雰囲気が子供っぽいのはまずいです。昔”オバタリアン”と言われたような、底なしに明るくずうずうしいおばちゃんも、もちろん駄目です。
 

理由は分かりますよね?どちらも”恥じらい”が無いからです。

 

花も恥じらうような乙女

  

 一番男性受けするのは、13 歳から18 歳くらいの、年齢的に体が変化する頃の、花も恥じらうような乙女の雰囲気です。

 

でもこれは、見た目のことではなく、あくまでも大切なのは”雰囲気”です。

 

あなたの見た目が、小学生でも、おばちゃんでも、どちらでも構いません。

見た目はほとんど関係ありません。
 

このような雰囲気が出せれば、あなたは見た目や年齢に関係なく、男性からもてもて になります。
 

一般的に、若くて美しい女性が、男性は好むと思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。
 

大好きなのは、若くて美しい女性が自然と出てしまう”恥じらう雰囲気”が大好きなのです。

 

この感じは、見た目がおばちゃんでも、関係なく出すことができます。
 

それをやらずして、「男は結局、若い女に走る。」とか、「見た目が美人じゃなきゃもてない。」とか、勝手にひがまないで下さいね。

 

あなたも周りも損しますから。