恋愛テクニック          

男にもてる女性とは

 

美しい女はもてるという一般常識があります。理屈のうえでいえば「美しい姿」とは人間の世界だけでなく、すべての生き物にとって優れた固体であるということの証明だからです。

 

男はうまれた時からすでに「美しい女と出会い、結ばれること」が人間の本能としてDNAに組み込まれています。

 

美しい女性に出会った時、男はこう考えます。

 

「こんな美しい女性と、毎日一緒にいたら、自分はいつも心がときめいて、幸せになれるに違いない」と。


そして「この女が自分と一緒にいるようにするには、プレゼントをしたり、美味しいものを食べさせたり、映画やドライブに連れて行ったりして、自分のやさしさや勇気を見せなければならない」と思います。

 

このように美しい女性に出会った男は、彼女のきを引いたり、彼女に気に入ってもらうために、とにかくなんとかしなくてはと頭を忙しく働かせます。

 

男はときめきの度合いがおおきいほど、こうした考えがどんどん膨らんでいきますから、男をときめかせる能力のある女は、幸せな女、いい女にになる条件を備えているということです。

 

そして、こうした「美しい女性の気を引きたい」という男の行動を見た女はこう思います。「こんなに優しくして、いつも私を楽しくさせてくれて、私のことを大切にしてくれるなら、もしかして、ず~と一緒にいられる人かもしれない」と思うのです。

 

「美しい女性に男こころをときめかせ、女の美しさにときめいた男は、女に気に入られようと必死の努力をして、その結果、女は幸せ感じて二人は結ばれ、永遠の愛は完成するのです・・・」とこのように美しい愛のかたちを信じるあなたは純粋で、きっといい人なのでしょう。


でも多くの場合、そんなに簡単にことが運ぶわけではありません。 

 

 

 

 

  

付き合って数年がたった後によく聞く女性のセリフは「初めのころは優しかったのに・・・」は出会ったころの男の姿を彼の「本当の姿」と勘違いしてしまったために、出てくる言葉なんです。

 

一方、女性は男心を射止めるために、化粧に気を配ったり、洋服、アクセサリーにも気を使い、より美しく見せようとします。

 

男は男で、他人がきいたらバカバカしくなるようなキザな言葉を口にしたり、自分を大きく見せようと、経済的な実力以上の車に乗ったりして、将来の夢を語って女心にアピールするのです。

 

このようにして恋愛の姿は、お互いが相手に気に入ってもらいたいと努力すればするほど、実態のない現実とはかけ離れたところで、ラブロマンスが始まるのです。

 

したがって「うつくしい女はもてる」もてる女性は幸せになれるという法則は成り立たないのです。

 

私の経験からすれば、むしろ、うつくしい女性は幸せになれないと思っています。

 

 

では、どんな女性が幸せをつかむことができるかといえば、自分の体や服装、装飾、などを飾り立てセクシーアピールをする美しい女よりも、自分のこころのお化粧をして、小さくてもいい、平凡でもいい、「小さな日常」の幸せを望む女性が、人生の勝利者なんです。