恋愛テクニック          

結婚適齢期は何歳がいいのでしょう・・

     

何歳で結婚するのが一番いいのか・・・若ければ必ず幸せな結婚生活がおくれるというわけでもなく、俗にいう適齢期を過ぎた年齢であっても幸せな結婚生活を送っている女性は、たくさんいます。

 

しかし、どの年代で結婚するにしてもそれぞれのメリットとデメリットがあります。

 

20代で結婚するメリットとデメリット

 

まず、メリットとしては、結婚相手の選択が多くできること、これは説明するまでもないと思います。若い女のほうが「もてる」と言うこと。

 

そしてもう一つのメリットは、男性を見る目が肥えていないために、相手に要求するハードルが低いということです。

 

これは逆に考えてみるとよくわかります。年齢を重ねた女性にとって結婚のネックになることは、いろいろな男性を見てきているだけに、男を見る目も厳しくなっていて、相手に求める条件も増えていきますので、なかなか自分の望みにかなう男性を見つけることが、難しくなってしまいます。

 

しかし、一方では若くて未熟なために、男を正確に見抜くことができないというデメリットと背中合わせということになります。

 

選択の幅が広いということは、裏を返せば、相手に求める条件がよくわからないということです。

 

どんな男を選べば幸せになれるのか、自分でもよくわからないということですから、その結婚が30代や40代での結婚と比べて、その結婚が失敗する確率が高いということにもなります。 

 

 

20代だからこそできるメリット

  

 しかし、失敗することを恐れる必要がないのも、この年代のメリット。たとえ失敗してもやりなおしがききやすいのです。
 

恋愛や結婚のやり直しもできますし、仕事のやり直しもできます。

 

そして、子供をつくるにしても体力的な心配がほとんどないのも、20代だからこそできるメリットです。

 

20代で理想の男性像をしっかりと持って、男を見る目を育てている女性なら20代で結婚することが、最良の方法のなのかもしれませんね。