美容 健康       

 ファッション    |    インナー     |     化粧品    |      結婚式場       |    ハネムーン    | 

  

  

 

  スリーピングビューティーコスメ『ネムリヒメ』

 朝、起きる度に若々しく、輝いていく自分がわかる!

眠っている間に女度アップ、ブルガリアローズの夜用美容ジェル


美人は寝て作られる、お肌のゴールデンタイム


お肌の曲がり角。女性としては、とても気になる言葉です。

 

一般的に、目に見えてお肌の曲がり角がわかるのは、25歳頃からと言われています。これは人間が生まれてから、だいたい24歳くらいで体が完成し、その後自然の衰えで、本来持つ細胞の機能が低下するためだからです。

 

20代前半の頃はお肌のことなど、あまり気にしてなかったのに、25歳を過ぎたあたりから、少しづつ様子がかわってきます。

 

食生活の乱れやちょっとした夜更かしをしただけで、朝起きて鏡を見ると『ガッカリ…』『化粧のノリも良くない』など、経験があるのではないでしょうか?

 

女性として、このお肌の曲がり角は、しっかりケアしなければなりません。まずは、暴飲暴食・偏食・運動不足・過度のストレスを無くしていくことが大切です。


さらに忘れてはいけないことがあります。それは、快適な『睡眠』。

特に夜22:00~午前2:00はお肌のゴールデンタイムと言われるほど、美容に大切な時間帯なのです。

 

1日の中で、もっともホルモンの分泌が盛んで、肌に良いとされる物質が多く分泌される、とも言われています。『美人は寝て作られる』という説もあるほどです。

そのような話をしているとき、あるスタッフが一言。

 

『25歳を過ぎてから、朝、起きるたびに、逆に若々しさを重ねていけたら、スゴイことですよね…』

 

それは、スゴイこと…。その一言で、開発スタッフの心に火が付きました。

 

■『眠り姫』は、百年も眠り続けても美しさは変わらなかった

そこで眠っている間の『お肌のゴールデンタイム』を上手く活用して、手軽にキレイをサポートできる商品の開発に着手しました。

 

朝、起きる度に若々しく、輝いていく自分を感じる商品。そして眠っている間に、女性らしさや色っぽさも磨くことが出来たら…。


そんなとき、小さい頃読んだ童話『眠り姫(眠れる森の美女)』を思い出しました。

魔女に魔法をかけられて百年もの間、眠ってしまった姫。長い間眠り続けて、王子のキスで起きると、長年眠っていたのに、美しさはあの頃のまま変わらない…!

 

眠り姫に出てくるエピソードで、無数のバラの花(イバラ)に囲まれて美を保っていた、姫はバラに守られていた、という説もあります。

 

そこで、その美の象徴のような神秘のバラの香りに注目。バラの香りには、『女性ホルモンの分泌』や『リラックス』など、さまざまなエピソードがあります。

 

ブルガリアローズの香りでうるおって、眠っている間にスキンケア。そして、朝起きる度に若々しく、輝いて、女度がアップする。スリーピングビューティーコスメ『ネムリヒメ』を商品化しました。

 

■ネムリヒメ、男性の香りを嗅ぐと女度が上がる!?

このスリーピングビューティーコスメ『ネムリヒメ』は、洗顔をして化粧水を塗った後に顔全体になじませて使用する、保湿にオススメの夜用の美容ジェルです。

 

フタを開けた途端、ふんわりと漂うブルガリアローズの香り。なめらかで伸びやすく、顔全体をベールで包み込む、ぷるぷるジェルです。眠っている間に、若々しさと女度をサポートします。

 靴を脱いだときに漂うあのイヤな足のニオイ!

 

 

  

  

バイオとハーブの力で、いつでも堂々としていたい!

 

正直、期待は微塵もしていませんでした(苦笑)

送料かかるのもったいないなあーとかそんな感じで選んだグリーンミスティ。
 

私はズボラな性格なので、ブーツの臭い消し(形を整える)あの長いクッションみたいなものは持っていません。


特に自分の足も臭う方ではなかったのですが・・・やはりそうやって履き重ねていくと臭ってくるのですな。

 

靴を脱いだときのえもいわれぬ悪臭・・・結構頑固に臭いがストッキングにつくんですよね。そこで、試しに買ったグリーンミスティを靴の中にそれぞれ3プッシュして靴箱に放置。臭いが取れれば儲けもん、くらいに考えていました。

 

そして翌日。家に帰って靴を脱いであぐらをかいても(笑)もあのニオイが気にならなくなってたんです。日に日に無くなっています。

 

いやーびっくりしたなー。というのが正直な感想です。これから春に向けてブーツの出番は少なくなってきますよね。来シーズンまでしまい込んでしまう前にグリーンミスティをスプレーしておけば、その違いは出てくるはず。

 

バイオの力って偉大ですねー。

⇒気になる足のニオイ、どうしてる?