男心を虜にするメール術      

本文の最初と最後で自分を売り込む

メールのタイトルに自分の名前を入れることで、相手が不必要なメールと間違えて、あなたのメールを削除してしまうこと防ぐことができます。

 

実は、今回のテクニックも前回と同様に自分の名前を使います。

 

前回は、メールのタイトルに自分の名前を入れましたが、今回は、メール本文に2箇所、自分の名前を打ち込みます。

 

この理由は、いたって単純です。メールをいきなり開封された場合でも、送信相手が誰なのかわかりやすくするためと、前回のタイトル、今回の本文2箇所、計3箇所で自分の名前をアピールして、相手に強い印象を与えるためです。

 

実際、メールのタイトルを見ずに、受信したメールをいきなり開封してしまう人も数多くいます。

 

あなたの憧れの彼が、そんなせっかちな男性だったとしても、このテクニックを使うことで、相手はあなたからのメールであることをすぐに認識できますし、メールの内容を読んでもらえる可能性も格段に高くなります。

 

ところで、実際に名前を入れる場所は何処かというと、これは、メール本文の最初と最後がいいと思います。

 

たとえば、「お疲れ様です。」が本文の始まりなら、「鈴木モテ子です。お疲れ様です。」で始まるようにします。また、「おはよ~」が本文の始まりなら、「モテ子だよ。おはよ~」みたいな感じで始まるようにするのです。

 

その後は、あなたの思うがままに、いつものようにメール本文を打ち込んでもらってかまいません。

 

そして、本文の入力が終わったら、最後に自分の名前をもう一度だけ入れてから送信ボタンを押してください。

 

たとえば、「鈴木モテ子より」でもいいし、「モテ子でした♪またね」などでもいいと思います。とりあえず、あなたの名前がわかれば何でもいいので、自分なりに工夫してみるのも面白いかもしれません。

 

 

こうしたメールで、彼と3回もやり取りをすれば、あなたは今までよりずっと印象強く、彼の脳裏に焼き付くはずです。

とても簡単なメルテクなので、ぜひ自分で効果を確かめてくださいね。

 

 

 

たとえば、「お疲れ様です。」が本文の始まりなら、「鈴木モテ子です。お疲れ様です。」で始まるようにします。また、「おはよ~」が本文の始まりなら、「モテ子だよ。おはよ~」みたいな感じで始まるようにするのです。

 

 

その後は、あなたの思うがままに、いつものようにメール本文を打ち込んでもらってかまいません。

 

そして、本文の入力が終わったら、最後に自分の名前をもう一度だけ入れてから送信ボタンを押してください。

 

たとえば、「鈴木モテ子より」でもいいし、「モテ子でした♪またね」などでもいいと思います。とりあえず、あなたの名前がわかれば何でもいいので、自分なりに工夫してみるのも面白いかもしれません。

 

 

こうしたメールで、彼と3回もやり取りをすれば、あなたは今までよりずっと印象強く、彼の脳裏に焼き付くはずです。

とても簡単なメルテクなので、ぜひ自分で効果を確かめてくださいね。