男心を虜にするメール術      

メールが嫌いな人へのメールテクニック

あなたの身の回りにメールの嫌いな人はいませんか?

 

「メールを打つのが面倒くさい」

「電話で話した方が手間が省ける」

「自分の考えも文字にするのが苦手」

 

などなどこのような理由でメールが嫌いな人を好きになってしまうと苦労しますよね。

このページではメールが苦手という人の見抜き方と対処法を紹介します。

Qあなたの気になる人はこのような傾向はありませんか?

 

メールの文章が短文で絵文字や顔文字をまったく使用しない

携帯電話を持ち歩いていない、あるいは電源を入れていない

 

面倒くさがりでメールの返信が非常に遅い

 

何か連絡の用件が無い限り向こうからメールは来ない

 

これらに当てはまった場合もしかすると相手の人はメール嫌い、またはメール嫌いの素質を持っている可能性があります。

 

では、もしも相手がメール嫌いの場合はどのようなメールテクニックを使えばいいのか。


 

メール嫌いの人に送るメール内容に注意

 メール嫌いの人種にメールを送信しようとする時、メールの内容に注意を払う必要があります。

 

このタイプの人は基本的にメールを連絡の手段と考えていて意味のない「雑談メール」「冗談メール」「自分の日記メール」などは減点対象です

 

メール嫌いな人達にとってこの種のメールは「うっとうしい」「めんどくさい」といった、当人達にとっての迷惑行為に当たります。

 

当然の如くシカトされるのがオチでしょう。
では、中身の詰まったメールならば良いのかと言うと、必ずしもそういう訳ではありません。

 

彼ら彼女らは「自分に返信の必要が無い」と確信すると確実に返信をしてきません。
 

相手が返事しやすく、それでいて要件が明確な内容でなければなりません。

例えば「君って休みの日とかいつも何しているの?」と疑問系でメールしてみるのも一つの手段でしょう。

 

要は多少無理やりにでも「絶対返信しなければならないメール文」を作って送りつけるのです。

メールはあくまでサブツール


これらのタイプの人種の人達はメールで会話するよりも、直接会った時に話すことを重要視している傾向があります。

 

だから、このタイプの人を口説きたい、落としたいと思ったらメールよりも電話や飲み会など、直接会った時に新密度を上げて行くのが一番効果的です。

 

このタイプの人は視覚タイプ、聴覚タイプ、接触タイプのうちの接触タイプであることが多いので、 会えた時にしっかり触ること、会話をすることが必要不可欠です。

 

 

ことタイプの人を恋人にしたいと思ったら、まずメールで関心を示してもらい、
実際に会って仲を親密にする、という行動が好結果をもたらすでしょう。
 

暗示のかかりやすい女性でもこのタイプは、メールだけで口説くのは少し難しいでしょうね。

 

[女性用]大好きな男性を私に振り向かせる魔法の恋愛メール術

90日間で彼の心をとりこにする、最速恋愛メール攻略塾