男の恋愛心理               

幸せ行きの列車に乗り遅れないために

あまりいろんな条件を考えていますと、幸せ行きの列車に乗り遅れてしまうことになります。

 

「価値観が会う人」ということもよくいわれますが、価値観なんて一人ひとり違うものですから合う人なんているはずがないのです。

 

価値観をくらべていたら、人生が終わるまでくらべてもわからないということになってしまいます。

 

よく、おせっかいな先輩の女性から「女は安売りしちゃだめよ」じっくり時間をかけて、相手をよく見なさい」といかにももっとなアドバイスを頂くことがあります。

 

しかし、彼女の旦那さんを見たら「この人、じっくり選んだのかな?」とか思ったりすることがあります。

 

 

とにかく、知り合う段階で「価値観は合うかしら・・・」などと考えていれば、あなたの幸せ行きの列車は出発してしまいます。

 

30代は汽車に乗る前にゆっくりとプラットホームで駅弁を選んでいる時間はないといってもいいでしょう。

 

 

 

   

 

あなたに必要なことは、お弁当屋さんのメニューの前であれこれ悩むことではなく、日ごろ「自分のお好みの弁当は何か」をよく考えておくことです。


つまり、日々「いい男とはどんな人か?自分に足りないものを補ってくれる人はどんな人か?思いやりのある男性とはどんな人か?についてかんがえ、判断力を磨いておくことなんです。

 

 

自分の価値観がわからない、自分の好みがわからない人が、選ぶ直前になっていくら悩んだところで、理想の男性選びなどできるはずがないからです。