男の恋愛心理               

自分を認めてくれる相手を好きになる心理

人は誰でも他人に認められたい欲求を持っています。

 

とくに男性はこうした欲求が強く、女性よりも比較的プライドが高いのが特徴です。

 

よく、男は褒め言葉に弱い!なんて言いますよね。これは、褒め言葉が相手の自尊心をくすぐり、結果的に認められたい欲求が満たされるからです。

 

実際、プライドの高い男ほどこうした欲求が強いのが特徴!とくに、異性からの褒め言葉にはめっちゃ弱いですよ。

 

ただし、単純に相手を褒めるだけでは、男心をくすぐるのは難しいのも事実。それほど単純ではないようです。

 

それはそうですよね。さすがに、歯の浮くようなお世辞で褒めちぎっても、相手の心には響きませんもの。

 

相手の何処を褒めるのか!そのポイントをちゃんと見定めることがとても大切になります。

 

でも、これが意外と難しいんですよね。とくに相手の情報が少ないと、手のつけようがないときがよくあります。

 

そこで今回は、そんなときに役に立つ心理テクニックを簡単に紹介します。これさえ知っていれば、気の利いた褒め言葉が思い付かなくても大丈夫!

 

褒め言葉と同様、彼の自尊心を刺激し、さりげなく相手の認められたい欲求を満たすことができます。

 

心理学者のバーンは、「人は類似性が高いほど、その人に興味を持つようになる」と言っています。心理学では「類似性の法則」と言います。

 

人は自分と似た考え方や境遇、趣味などを持った他人に、なぜか同類意識を持つことがありますが、場合によってはそこから好意が生まれることがよくあります。

 

心理学では、これを類似性法則と呼び、「人は自分と似たタイプの人に惹かれやすい傾向がある」としています。

 

事実、バーンが行った心理実験では、類似性が高いほど相手に興味を持つことが明らかになっています。

 

 

しかし、なぜ類似性が高いと、人は相手に興味を持つようになるのでしょうか?この点について、バーンはこう言っています。

 

「お互い共通点があると、そのことで認め合い、肯定し合うようになる」

つまり人は、他人に認められたいという欲求が満たされ、心地よい充足感が与えられると、通常より相手に対して好意を抱きやすくなるというわけです。

 

あなたも経験ありませんか?出身地や出身校が一緒と言うだけで、やけにその人と会話が弾んだり、みょうに相手のことが気になってしまうことが!

 

とくに相手が異性の場合、親近感が高まりやすく、一気に恋愛へ発展することもよくあります。
 

相手との共通点を見つけてください

 

とりあえずは、話が合う、趣味が合う、どんな些細なことでも構いません。まずは、相手との共通点を見つけてください。

 

そうやって、ふたりの間に生まれた一体感は、どんなステキな褒め言葉より、あなたに対する彼の気持ちを掻き立てます。

 

そうした中で、あなたが彼にしてあげることはただひとつ!お互い共通の話題の中で、彼の言葉に優しく頷いてあげるだけです。

 

それだけで、無理な褒め言葉をわざわざ使わなくても、お互いの間に共感できる部分が生まれ、自然に彼との信頼の絆を強いものにしていくことができます。

 

重ねて言いますが、誰だって他人に認められたい欲求を持っています。だからこそ、人は自分を認めてくれる相手を好きになりやすいのです。

 

もちろん、それが必ず恋愛にまで発展するわけではありませんが、お互いの心理的距離を縮め、恋の可能性を高めてくれるのはたしかです。

 

 

これって地味な感じですが、恋の突破口を開くには効果的な心理戦術ですよ。