男の恋愛心理               

手の動きから相手の心理を分析する

手の動きは、人間の心の状態をよく表してきます。

 

たとえば、相手が握り拳をつくってこちらを睨み付けていれば、相手がかなり怒っていることがその態度から分かりますよね。

 

手の動きは人の心と連動していることが多く、その動きもじつに様々です。

 

手で鼻を擦りながら話をする人の心理

 

鼻に手をやって話をする人は、自分の表情を相手に見られたくないという心理が働いているためです。

 

本当は、手のひらで顔を隠してしまいたいくらい表情を見せたくないのですが、それではあからさまに自分が動揺していることが相手にわかってしまいます。

 

もし、相手がこういうしぐさをみせたら、おそらく何か言い出しづらい話があるとみてまず間違いないでしょう。

 


手で自分の体をよく触る人の心理

 

先ほどの鼻に手をやるしぐさもそうですが、人と話をしている最中に自分の体をやたらと触りたがる人は、よほど緊張しているか不安を抱えているかのいずれかです。

 

大抵の場合、緊張や不安は顔の表情に表れるのですが、無理に抑えようとするとそれらは体の別の部分にシグナルを送りはじめます。

 

もし、相手がこういうしぐさをみせたら、あなたを意識しすぎて緊張しているか、何か嘘や隠し事があるかのいずれかだと考えられます。


手を隠して話をする人の心理

 

よく初対面の人と話をするとき、手を腰の後ろに回したり、服の袖に隠したり、ズボンのポケットに手を隠したりする人を見かけますが、これらはいずれも相手に対して警戒心を抱いている心の表れです。

 

 

自分の手を隠すのは、自分の心理状態を相手に悟られたくないからであって、こういう相手と打ち解けあうにはかなりの時間が掛かると思いますよ。

 

 

 

 

握手からわかる相手の心理

 

一般的に強く握手をしてくる人はこちらに好意を抱いている場合が多く、これに笑顔がプラスされるとさらに高い確率でこちらに好意を抱いていることが考えられます。

 

また、これとは反対に弱い握手をしてくる人は、握手を社交辞令程度にしか考えておらず、あまりこちらと親しい関係にはなりたくない人です。

 

それともうひとつ。握手をしたときに手が湿っている人っていますよね。これって自律神経が刺激されて、心のバランスを崩したときに起きる症状なんですよ。

 

とくに異性と握手をしたときに相手の手が湿っていたら、その人はこちらに多少なりとも気があるとみて間違いないと思います。

 

手をしきりに動かす人の心理

 

仕事中に机を手でリズミカルに叩いている人をよく見かけませんか?

 

こういう人は思考の真っ最中で、頭をフル回転させて何かを考えているとみてまず間違いありません。

 

こういう人には、むやみやたらに話しかけない方がいいですよ。しばらくの間、そっとしておいてあげたほうがいいでしょう。