男の恋愛心理               

姿勢から相手の心理を分析する

相手の本音がよく表れるシグナルのひとつに姿勢があげられます。
 

姿勢というのは、その人の心構えが100%表れると言っても過言ではありません。

ただね…姿勢って‥ちょっと見分けるのが難しいんですよ。

 

良い姿勢、悪い姿勢くらいなら誰が見ても分かるのですが、心理分析で見分ける姿勢というのはちょっと微妙なんです。

 

正直、こうした姿勢の微妙な違いを言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、できるだけ分かりやすくこの点をお話していきたいと思います。


礼儀正しい姿勢を崩さない人の心理

 

かしこまった姿勢をするのは、心を許すことができずに緊張しているからで、相手との距離を一定に保ちそれを埋める気がない場合に表れます。

 

まぁ、どちらかというと女性が苦手な男性に多く見られる姿勢ですね。おそらく、恋愛経験もあまり豊富ではないと考えられます。


背筋をピンと伸ばしている人の心理

 

このタイプの男性は、仕事や人間関係に自信を持っている人が多く、他人を自分の目線よりも下に見ようとする傾向があります。

 

このため、背筋をピンと伸ばして視界を広く保つことを好み、下から相手を見上げるような姿勢を極端に嫌います。

 

つまり、自信過剰な気持ちが背筋を自然とピンと伸ばし、威風堂々とした姿勢となって表れているわけです。

 

背中を丸めている人の心理

 

自分に自信を持ち積極的な心構えが習慣化されると、姿勢も正しくなり顔もちゃんと前を向いて歩くようになります。

 

これに対して、自分に自信を失い消極的な心構えが習慣化されると、姿勢は崩れて顔は下を向き、その結果、背中を丸めて寂しげに歩くようになります。

 

こういう人は、自分にすっかり自信をなくしてしまっているため、自分の意見を言いたくても口にできず、何か不満があってもそれを口にできない傾向があります。
 

 

 

   

肩を怒らせて歩く人の心理

 

肩を怒らせて歩く男性は、とにかく周囲を威嚇したくてしょうがない人で、些細なことで攻撃性を発揮しやすいタイプなんです。

 

こういうタイプの男性は、物事を腕力で解決しようとする傾向が強く、暴力に走ることもしばしば。


肩をすぼめている人の心理

 

肩をすぼめるしぐさは、相手との接触部分をできるだけ小さくしたいと思う心理の表れだということなんですね。相手との関わりを真っ向から否定する場合などによく見られるしぐさなんです。

 

 

もし、相手の男性がこのしぐさをみせたら、おそらくアウトです!仲良くなるのは非常に困難だと思った方がよいでしょう。