男の恋愛心理               

イスの座り方で分かる相手の心理

相手がイスに浅く座るか、深く座るかでその人の今の心境が分かります。

 

まず、相手がイスに浅く座る場合は、こちらを警戒してる可能性が高いです。

 

こうしたイスの座り方は、心のどこかで次の行動に移れる準備を整えており、いつでもその場から立ち去れる状態といえます。

 

あなたに興味がないのか、何か急ぎの用事があるのか理由は分かりませんが、相手がこういう状態にあるときにすぐに本題に入ることはオススメできません。

 

それでは、これとは反対にイスに深く座る人はどうでしょう。

 

もう、言わなくても分かりますよね。イスに深く座る人は、こちらに対して警戒心がなくリラックスした状態であると言えます。

 

この場合は、話はトントン拍子で進むことが多いので、雑談は早めに切り上げて早めに本題に入った方がよいでしょう。


 

 

    

座る位置で分かる相手の心理

 

まずは、あなたが座っている真正面の席を選んだ人の心理です。

 

こういう人は、あなたに対して嫌悪感や敵対心を持っている可能性が高いと考えられます。知り合いであれば、よく意見が対立する人などがここに座ります。

 

テーブルを挟んで斜め前の席を選んだ人の心理

 

正直言ってこの人は、あなたの存在をほとんど意識していません。つまり、あなたに

対してまったく無関心なわけです。

 

あなたが座っている場所とテーブルのコーナーを挟んで90度の位置に座る人の心理

 

この席を選んだ人は、あなたと気軽に話し合いたいと思っている人です。あなたに対して友好的な心理状態にあるため、会話の進め方しだいでより親密な関係に発展する可能性があります。

 

意味もなく手元にある物をいじる人の心理

 

たとえば、居酒屋やバーなんかでは話をしながらストローや箸の袋をねじったり、丸めたり、破いたり…、やり方は人それぞれなんですが、いじってる人って結構いますよね。

 

それとライターをカチッカチッと開閉させたり、ティッシュペーパーを指でねじったりしている人もよく見かけます。

 

それは、本人も気が付かないうちにイライラがカラダに溜まっているということ。いわゆるフラストレーションって呼ばれるものですね。

 

心理学的にはそんな内に秘めたイライラを発散するために、カラダが自然にそういう行動を起こしていると言われています。