男の恋愛心理               

言葉づかいから男の心理をみる

心理学では言葉よる情報伝達の割合は、わずか7%だと言われています。その他は、声のトーン(抑揚)が38%、ボディーランゲージ(身振り、姿勢、表情など)が55%を占めています。

 

つまり、聞く側の立場に立てば、言葉だけを聴いていては大事な情報を見逃してしまうことになります。

 

むしろ、言葉以外のその他の部分に注意を向けなければ、相手の本質を見抜くことはできないのです。

 

しかし、わずか7%の言葉にも、ときおり相手の本質が見え隠れすることがあります。

 

したがって、声のトーン、ボディーランゲージなどと合わせて分析することで、相手の心理をより細かく把握することが可能になります。


敬語を過剰に使う人の心理

 

激しい感情を持つ人が、その感情を隠すためにあえて敬語を使うことはよくあることです。言葉だけで見分けるのは難しいですが、普段、丁寧な敬語で話をするからといって、その人の性格まで本当に紳士であるという保証はありません。


難しい言葉やカタカナ語をよく使う人の心理

 

こういう人たちは少しでも自分を大きく見せたくてしょうがないのです。言い換えれば、時代に乗り遅れたくないというコンプレックスの裏返しであるともいえるでしょう。

常に自分を最先端の人間であるかのように偽装せずにはいられないわけですね。


大げさな表現が多い人の心理

 

合コンなど初対面の人が多く集まる所では、こういうテンションの高い人がいるとその場が盛り上がる効果があります。
しかし、第一印象はよくても、実際に交際を始めてみたら、独りよがりで、人の話を聞かないというようなマイナス面が目立つのもこのタイプの人です。


やたらと付加疑問をつける人の心理

 

こういう人と会話をするときには、あからさまに否定をしてはいけません。まちがっても、「私は違うと思うわ!」などとあからさまに否定してしまうと、無用の反発を受けることになります。


相手を名前で呼ぶ人の心理

 

相手を名前で呼ぶのは、お互いの心理的距離を縮め、より親しくなりたいという心理のあらわれだといえます。


よく喋り続ける人の心理

 

ひっきりなしに喋り続ける人というのは、コミュニケーション能力が高く、イニシアティブを発揮するタイプの人が多いです。
 

みかけとは逆に、意外と神経質だったり、心配性なところもあるので、一人でいるときなどは極端にクールな振る舞いを見せたりすることもあります。

 

 


顔の表情から相手の心理を分析する

 

顔は心の色合いを写す鏡といいますね。

普段の会話と同時に、相手の表情をよく観察することで、今まで気付かなかった相手の本質が見えてくることがあります。

たとえば、相手が笑顔を魅せているからといって、それがあなたを受け入れているサインとはかぎらない場合があります。

微妙に変化する表情をうまく読み取って、相手の心理が少しでもわかるようになれば、無駄なスレ違いも少なくなるはずです。


微笑んでいても相づちを打たない人の心理

 

会話の最中、顔は微笑んでいても相づちを打たない人は、その相手に関心がない場合が多いです。相手に興味があり、その人の話が面白ければ、人は自然に相づちを打つのが普通だからです。


アゴをよく触ったり撫でたりする人の心理


男性がアゴの髭のあたりを触りだしたり、無性に手を添えたりするときは、その人は何かやましいことを考えているか、下心がある可能性が高いと言えます。

こういった場合、相手は内心で本心を悟られないかビクビクしているものです。


何かと見下すような表情をする人の心理


相手を見下すような表情をする人は、相手よりも優位に立ちたいという気持ちが強い人です。こういう人は、それを周囲に悟られないように、外見だけでも優位に立とうと強制を張ることが多いのが特徴です。

 

 

 

 会話の最中に頭を傾けている人の心理


ほどんどの人は、自分が興味があるものには正面に頭を向けるものです。これは興味があるものに対して脳が活発に働き、少しでも多くの情報を吸収して記憶を定着させようとするからなんです。

 

会話の最中に、相手がこういった表情をみせたら、相手はその話にかなり退屈していると考えて間違いありませんよ。


会話の最中に笑顔から真顔に変わる人の心理

 

楽しいはずの会話をしていたはずなのに、突然、真顔に戻る人がいます。これは、あなたに対する無言の抗議の意味が強いと考えられます。

 

何が原因かはわかりませんが、相手があなたの言葉を不愉快に思っていることに違いはありません。


何を話してもあまり表情を変えない人の心理

 

無表情の人は、一見すると喜怒哀楽に乏しい人のように感じますが一概にそうとは言えません。逆にそういう人ほど、その強い感情を外に表さないように、あえて無表情を装うことがあります。

 

このタイプの人は長い自己訓練を得て自分をコントロールする術を身に付けているため、なかなか自分の感情を顕わにしません。

 

ですから、初対面で一度だけ会っただけでは、冷静で感情希薄な人だと勘違いされることもよくあります。
 

本質的には、感情と理性のバランスがよく取れていて仕事もできる人間なのです