男の恋愛心理               

男の愛がわからないあなたへ

たとえば好きで好きでたまらない女性がいたとしましょう。

 

暇な男でしたら、その女のことを想像して、オナニーもするでしょう。写真を眺めて、ニヤッと笑ったりもするでしょう。暇つぶしに、その女の家の前まで行ったりするかもしれません。

 

毎日電話をかけてきて、メールもいっぱい送ってきて「好きです」と攻撃してくるでしょう。

 

それって暇人ではないでしょうか。

 

頭が良くて、劣等感があり、精力旺盛で、暇な男の矛先は、当然女性に向けられます。

 

もし、その女性が快く迎えてくれたならば、劣等感がなくなり、その男は、きっと真面目に働いて、その女性とたくさんのセックスをして、幸せになるでしょう。

 

だが、女性が拒否したら、また社会に拒否されたと多い、暴走することになります。
それが性犯罪の第一歩二なるのです。

 

社会に負けてしまった男は、フリーターやニートになっていますから、時間があります。

 

時間はあるけど、病気じゃないですから、体力はある。だからセックスをしたくなるのですが、女性からはそんな男は拒否されますから、だから力ずくで、女を手に入れようとしたり、幼女に手を出したりするのです。

 

またそういう男はネクラでオタクですから友人がいません。
だから一人で考え行動し、ストーカーになる確率が高くなるのです。

 

もし、親友がいて「そんなことはやめておけ」と注意もするし、親友に相談することで、発散されるからストーカーにはなりにくいのです。

 

つまり、そういう男は誰かに、何かに依存していなければ生きていけない男なのです。

 

女に依存したりしている男は弱い。


豆腐の角よりも強度がないのです。
 

女の子たちは、本当の男を知らないのです

 

女の子たちは、本当の男を知らないのです。

 

弱っている男が「いい男」だと思っているのです。依存症の男が情熱的だと思っていたりするのです。

 

とにかく男を見る目がないのです。
一度クールな男に惚れてみませか。

 

「女なんか興味がない」という顔で、仕事をしている男に声をかけてみませんか。女は男に惚れないといけません。

 

男に惚れさせているうちはダメな男ばかりに惚れられるのです。

 

男に惚れて、まずはあなたが恋に対して情熱的にならないと、本当の男は捕まえることができませんよ。