男の恋愛心理               

男が本当に嫌うブス

 私が考えているブス女とは、顔の悪い女ではありません。

 

ブス女の定義

 

1、公共マナーを知らない無神経な女

2、化粧しない大人の女

3、化粧が異常に濃い女

4、笑わない女

5、人の悪口を言う女

6、女を捨てた主婦。つまりおばさん。

7、政治に首を突っ込む女

8、セックスに理屈を持ち込む女

9、ぶくぶく太っている女

 

が私の独断で決めたブスの定義です。

 

確かに、見た目がひどい女もいますが、あなたが思っているブス女とはそのことを言うのだと思います。

 

しかし、見た目が悪いだけで、その人間を嫌いになるという人は、人間としてどうかと思います。

 

「恋人としてどうですか」という質問になると話は少し違いますが、友達になれるかどうか、仕事が一緒にできるかどうかは、顔ではなく、気持ちの問題です。

 

見た目が悪い女と仕事がしたくないという男はどうせ自分も仕事ができないのでしょうね。

 

街を歩いていて、友達に「あれはすごいブスだなあ」と女の子を見て言うこともあります。

でも、私の場合は綜合評価で見ますから、顔が人並み以下の上、ファッションはダサい。また、タバコをくわえていたり、電車内でお化粧や食べ物を食べていたりする女を見て「なんんだ!あのブスは・・」と思うこともあります。

 

ストライクゾーンの狭い男は

「A子ってかわいいよね」といっても

「そうか普通だと思うよ」

とつれない返事しか返ってこない。

 

「じゃB子は?美人だよね」

「そうかな・・俺の好みじゃないなあ」という感じです。

 

そういう男にとっては、街の中の大半の女が「ブス」でストライクゾーンの広い男からは見れば、街中の大半が「かわいい女の子」になってしまいます。

 

「私はブスだ」とそんなに悩むことはない

 このように男には、女優やモデルや、アイドルのように、完璧に顔が整っている女性しか「美人」「かわいい」と認めないタイプと、完璧じゃなくても、ある程度、普通で笑顔が素敵だったりしたら「かわいい」と納得するタイプといて、後者の男のほうが圧倒的に多いために、完璧主義者から「ブス」といわれる女の子も結婚できるのです。

 

つまり、言いたいことは「私はブスだ」とそんなに悩むことはないということです。

 

いくら美人でも最初にあげた「ブスの定義」に入っている女性は、結婚できない女性が多いことを知ってほしいと思います。

 

世の中を見ても、どうしてこんな美人が結婚できないのか?とおもうことが良くありますが、美人は自分が美人であることを知っているから、「性格ブス」になって恋人ができないのですよ。