男の恋愛心理               

美人とブス、どちらを選ぶ?

 先日、テレビの「行列のできる法律相談」で、「過去に男遊びが激しかった女が、処女のふりをして結婚し、それが披露宴でばれて、新郎が激怒。その場で離婚を申し出たが離婚は成立するか」という問題で、北村弁護士、丸山弁護士が女性側を弁護し「いまどき、女の子の過去を気にするなんて論外」としたが、橋本弁護士は若いのに「処女性にこだわる男もいる。大事なこと」と反論しましたが、大ブーイングを浴びていました。

 

私はそれを見て、ああ、日本の女の子が幸せになれる時代は終わったなと感じました。


橋本弁護士のように成功しているいい男からみると、そんな女はとんでもないということなのでしょうね。

 

セックスで遊んできたあなたを迎える男は、頭の悪い、運がない、もてない男だけです。それでもいいというなら、どんどん男遊びをして下さい。


問題は男が「美人とブスのどちらを妻として迎えるか」ということですが、そんなことは関係ないのです。顔なんか恋愛には関係ないのです。

 

今の時代、一番大切な女の条件は、女が遊んできたか、真面目にやってきたか、自分の毎日をイキイキと明るく生活しているかなんです。

 

しかし、美人は結婚できないということが多いという話ですが、美人は結構男性経験が多いからかもしれません。美人は常に誰かから口説かれています。よほど貞操観念が強くないと、フラッと言ってしまいセックスをしてしまう。


セックスの快感を覚えて、彼氏がいないときは、それこそ「誰でもいいから」と思ってしまうのです。

 

最近、出会い系サイトを見てみると、結構の美人が身体を簡単に売っていることからもわかるように、最近の女性は全く貞操観念がなくなってしまっているでしょう。

 

そんな考え方はいまどき遅れていると遊んでいる女は思うでしょうが、成功していい男は女を見る目もシッカリしていますから、そんな女に手を出すことはないでしょう。

 

美人かそうじゃない女か、ということではなく、今や格差が広がり、負け組と勝ち組みがはっきりしてきた時代は、成功者が選ぶのは、純粋で汚れていない女を選ぶ時代なのです。
 

 

自分のポリシーを持ち、正しい恋愛をしていれば、あなたはセレブな奥様になれる

 そんな女は常識もあるし、道徳も知っている。恥じらいがあり、控え目な女性でしょう。

 

いい男で成功者は、そんな女を見て、親にも合わせたいと思うし、ず~と幸せにしてやりたいと思います。

 

 

自分のポリシーを持ち、正しい恋愛をしていれば、あなたはセレブな奥様になれる可能性があるのです。