式場選びのポイント         

一生の思い出になる大事な結婚式

 

  一生の思い出になる大事な結婚式です。

たくさんのホテルや結婚式場の中からたった一つを選び出すのはかなり
大変な作業です。

 

「結婚するならここ」と心に決めている人は別としてデパートのブライダルコーナーや結婚式場案内所などを利用すると便利です。

 

これはと思う施設が見つかったら、いくつかピックアップして、実際に
二人で下見をしてみます。

 

面倒がらず、少なくとも3~5ヵ所くらいは下見して決めたいところです。
下見の際は、ただ見るだけでなく「ここはどうなってますか?」と係り
の人に細かい点まで聞いておきましょう。

 

料理もレストランで食事してみたり、ブライダルフェアなどで試食する
機会を作ると良いと思います。


また、式場を決めるときは、二人の立場からだけでなく、招待客の立場
からもチェックを忘れないようにしましょう。


チェックポイント

 

<予算>
・式場に支払う費用と、媒酌人へのお礼などの諸費用を含めて、予算内
 に収まるかどうか

 

<形式>
・希望の挙式スタイルや披露宴スタイルが希望通りに行えるか

 

<立地条件>
・交通の便は良いか。送迎バスはあるか。駐車場の広さは十分か。

 

<施設・設備>
・建物のイメージやロビー、受付の雰囲気は良いか
・披露宴会場の広さ、内装、天井の高さなどはどうか。収容人数に問題
 はないか
・控室や更衣室の広さ、冷暖房、照明、音響装置、ロッカーなどの設備
 は整っているか
・宿泊施設はあるか。ない場合は近くに手配できるか

 

<会場・演出>
・神殿の広さ、雰囲気、設備はどうか。雅楽演奏や巫女舞を希望できるか
・チャペルの広さ、雰囲気、設備はどうか。パイプオルガンや聖歌隊など
 を希望できるか
・挙式、披露宴のリハーサルは可能か
・披露宴会場の装飾やテーブル・コーディネイトに、自分たちの希望が
 取り入れられるか
・挙式、披露宴でオリジナルな演出ができるか

 

<料理>
・料理の内容は満足できるか。オリジナル・メニューやケーキの持ち込み
 は可能か。料金とのバランスは良いか
・食器や盛り付けのセンスは良いか

 

<衣装・美容>
・希望の衣装やブーケを準備できるか。ヘアメイクや着付けの技術はどうか
・衣装の持ち込みは可能か。料金や条件はどうか
・親族や招待客の着付けもしてもらえるか

 

<撮影>
・挙式当日以前の撮影は可能か。撮影場所の雰囲気はどうか。撮影場所の
 指定はできるか

 

<その他>
・他の組の挙式との間に、時間的余裕はあるか。スケジュールは大丈夫か
・スタッフのマナーやサービスは良いか。どんなサービスがあるか
・引出物の持ち込みは可能か。料金や条件はどうか
 

見積りの立て方

  見積りの立て方

 

下見に行ったとき、だいたいの予算や人数を伝えると、式場で見積りを
出してくれます。

 

費用は結婚式場によってもかなり値段に幅がありますが、大まかに、
飲食費×出席人数、という数字を目安に方法があります。


あるいは一人あたりの費用を2~3万円として出席人数を掛け、それに
衣装や着付け代、会場飾花や音楽演奏代などの雑費をプラスした金額を
あらかじめ出しておくと参考になります。

 

最初から予算の上限を伝えておくと、式場側ではそれに合わせてプラン
を立て、見積りを出してきます。

 

しかし実際には、飲物代がかさんだりして見積りの金額をオーバーする
ケースがほとんどだと思います。

 

ですから予算を伝えるときには、考えている上限の金額を言うのではなく
2~3割程度少なめに言っておく方が良いでしょう。



                  結婚情報はこちらを参考にして下さいね。