もてる女の容姿

普通に食べても太らない体質の作り方

人間は皆、食べた物をエネルギーに変え、そのエネルギーを消費して生きています。

運動をせず、何もしなくても、人の体は常にエネルギーを消費しています。

 

たとえば、人は寝ているときでも呼吸はしますし、心臓も動いています。それ以外にも、脳、腎臓、肝臓、筋肉など、その他いろいろな活性組織のために、何もしなくてもエネルギーが消費されています。

 

このように、人間が生命を維持していくために、最低限必要なエネルギー消費量のことを基礎代謝といい、ダイエットとも深く関係しています。

 

簡単に言えば、基礎代謝量を上げることによって、厳しい食事制限や激しい運動などしなくても、自然に痩せることができるわけです。

 

よく、いくら食べても太らない体質の人っているでしょ。あれはまさに基礎代謝が高い人特有の現象で、ずっとスリムな体型を維持していくことができるんです。

 

ところが、一般的なダイエットでは、厳しい食事制限や激しい運動によって、主に体重を落とすことにウエイトがおかれがちです。

 

ですが、激しい運動をしたところで、直接消費されるエネルギー量はそれほど多くはありませんし、無理な食事制限を続ければ確実に健康を損ないます。

 

 

 

どちらかというと、運動はダイエットでスリムになった体を維持するために継続的に行うものと考えた方がよいでしょう。脂肪を燃焼させるためにいくら運動をしても、さほど効果は期待できません。

 

それよりも、基礎代謝量を上げて消費エネルギー量を増やし、脂肪を燃焼しやすい体質に改善した方が、ずっと効果的なダイエットを行うことができます。

 

言い換えれば、基礎代謝が低く太りやすい体質まま、いくら厳しい食事制限や激しい運動をしても、効果はほどんど期待できないのです。

 

実際、運動をして痩せようと試みる方もいますが、よほどの激しい運動、長時間の運動でもないかぎり、じつは安静にしているときの基礎代謝量の方が、エネルギー消費量は大きいんです。

 

ダイエットで失敗してしまう方の原因もここにあって、正しいダイエットをしなければ、その成功率はきわめて低いと言わざるを得ません。

 

では、肝心の基礎代謝を上げるにはどうしたらよいのでしょうか?

この方法にはいくつかありますが、大きく分けると次の3つに分けることができます。

 

◎適度な運動やストレッチ

 

◎食生活の習慣改善

 

◎生活リズムの改善

 

まず、適度な運動やストレッチは、無理なくできる簡単なものから始めると良いでしょう。先ほども言いましたが、痩せるために無理な運動をしても効果はあまり期待できませんし、かえって害になります。


それよりも、普段エレベーターに乗るところを階段に変えてみたり、空いた時間に軽くストレッチをするなど、毎日の生活に自然に溶け込む無理のない運動を継続的に続けていくことが大切です。

 

それとストレッチを行う場合、38度~40度のぬるま湯に20~30分つかり、体を温めてからストレッチを行うとより効果ですよ。

ダイエットで大切なのは継続


 

 次に食生活ですが、基本は1日3食をきちんと食べることです。基礎代謝を上げるうえでは、3食きちんと食べた方が脂肪燃焼のリズムがつくりやすくなります。

 

しかし、忙しくてなかなか3食の食事ができない人も多いと思います。そういう人は、低カロリーのダイエット食品を代用するなど工夫してみてください。それだけでも、かなりの効果が期待できます。

 

 

 

 

また、間食や遅い時間の食事は、取ったエネルギーが体脂肪になる確率が高まります。食生活の改善では、こういう点も考慮しながら、できるところから少しずつ変えていきましょう。

 

最後に生活リズムの改善ですが、まずは睡眠と覚醒のリズムを整えることから始めましょう。

 

たとえば、毎日、夜11時に寝て、朝6時に起きるなど、自分の生活リズムを一定に保つようにするとよいでしょう。

 

あと家のなかでゴロゴロ、ダラダラしがちの人は、できるだけ外出するよう心がけるのも効果的です。

 

まずは散歩からはじめ、少しずつ行動範囲を広げていくと良いと思います。そうすることで、運動量も増えますし、ストレスの発散にもつながります。最初はいやいやでも、徐々に楽しくなると思いますよ。

 

今、巷には様々なダイエット方法が存在します。ですがそのほとんどは、厳しい食事制限や、激しい運動を要求するものばかりです。

 

これでは、普通の人にはなかなか続けていくことができません。

 

ダイエットで大切なのは継続です。どのような素晴らしいダイエットメソッドを実践したとしても、継続なくしてダイエットの成功はあり得ません。