もてる女の容姿

ハイライトカラーの使い方

  

メイクの仕上げに、ハイライトカラーをのせると顔が引きしまり、印象に残りやすい立体感のある顔に仕上がります。

 

ハイライトは基本的に、おでこ、目の下(三角地帯)、鼻すじ、あごの先と、顔のなかでも高い部位に少しずつのせるのがコツ!

 

ただし、あごが出ている人は、ハイライトをのせすぎると、その部分が強調され過ぎてしまうので注意が必要です。

 

また、口角周辺もくすみやすいので、明るく見せるためにハイライトを使う手もあります。こうすると口角がキュッと上がって、若々しい健康的な口元になりますよ。

 

口角に関して言えば、同じことがコンシーラーでも可能ですが、ハイライトの方がより明るい仕上がりになります。

 

ハイライトも美人顔をつくる便利なアイテムですが付けすぎはNG!動画のように、筆を軽く数回のせる感じがよいでしょう。

 

 

 

ハイライトの入れ方

 

 ハイライトの入れ方