もてる女の容姿

つけまつげでモテモテ女に

普段は、つけまつげをしない女性も、イメージチェンジをしたいときには、つけまつげは効果がありますね。

簡単につけまつげの効果的な使用方法を書いてみました。


少し太めに黒いアイライナーを引く

つけまつげの付け根の太さに合わせて、いつもよりちょっぴり太めにアイライナーを引くと自然に仕上がります。アイライナーは、自まつげとつけまつげの隙間を埋める重要な役割を果たしてくれます。


ビューラーはつけまつげの前に使う

基本的にアイライナーやビューラーはつけまつげの前に使います。しかし、カールした自まつげが邪魔になってつけまつげがうまくつけられない場合には、ビューラーを使わずにつけまつげをつけた方がよいでしょう。また、じまつげが短い人もビューラーを使うとつけまつげがつけづらくなります。


つけまつげを目幅に合わせてカットする

長さが適切でないとつけまつげが外れやすくなります。まず、グルーを付けないで、まぶたのカーブに合わせてつけまつげの長さをチェック。

 

その後、目幅に合わせてつけまつげを適切な長さにカットします。とくにつけまつげの端が外れやすい人は、ほんの少しカットするだけでもだいぶ付けやすくなりますよ。


付属のグルーより専用グルーが便利

少量のグルー(接着剤)をつけまつげに均一につけ、地まつげの根元よりも少し上にのせてつけます。このとき、つけまつげに付属しているグルー(接着剤)より、専用グルーを使った方がシッカリつけられますよ。

 

付属しているグルーは速乾性があるため、乾くのが早すぎてつけづらいという話をよく聞きます。でも、専用グルーならそんな心配はいりません。グルーが乾くまで、焦らず慎重につけることができます。

 

 

 アイプチを使うのも便利

 

 アイプチを使うのも便利

 

アイプチをグルーの代りに使うこともできます。人によっては、専用グルーよりもアイプチの方が使いやすいという人もいるほどです。

 

本来、アイプチは一重まぶたを二重にするアイテムですが、つけまつげの接着にも使えるようです。

 

つけまつげをつけるときのポイント

 

つけまつげは、きちんとまぶたのキワに接着します。このとき、つけまつげの毛先を下から上へ軽く押し上げるようにつけると地まつげによくなじみますよ。

 

ポイントは、いきなり正位置につけようとしないこと!グルーが乾くまでの時間を上手に使って、位置を微調整しながらつけるとうまくつきます。

 

具体的には、黒目の上、目尻、目頭と下方向にずらしながらおさえ、地まつげの生え際に押し込んでいくようにつけるとキレイに仕上がります。


つけまつげは必ずリムーバーを使って外す

 

つけまつげを外すときは必ずリムーバーを使って外すようにしましょう。コットンや綿棒に水を軽く含ませて外す人が多いと思いますが、目元はお肌の中でも最もデリケートな場所です。


余計な負担を掛けると目のかゆみや目やに、結膜炎の原因になったりもします。リムーバーを使えば、安全につけまつげの根元についていてるグルーまで簡単に取り除くことができて便利ですよ。

 

カットや重ね技も効果的

 

カットしたボリュームタイプのつけまつげを目尻に乗せたり、2枚のタイプの異なるまつげを重ねて使うのも効果的。アイディア次第でアレンジの幅は広がります。カットや重ね技はアクセントまつげ、ポイントまつげをつくるときにも便利ですよ。

 

また「誘惑しマスカラ」なんかも併用して使用するとより目チカラがアップするでしょう。


さて、ここでお話した以外にも、つけまつげの効果的な使い方はたくさんあります。

 

雑誌の特集以外にも、最近ではより高度なテクニックがDVDなどで紹介されています。興味のある人はこまめにチェックしてみるとよいでしょ