もてる女の容姿

自力で二重まぶたにする方法

  

ファイバーテープやアイプチなんかを使わなくても、簡単に自然な二重まぶたを手に入れるトレーニングや情報を記載しています。もちろん、自宅にいながら誰でも簡

単に二重まぶたになれますよ。


手術や器具にお金をかけずにすみますので、
中高生や若い女性には人気がある方法です。

 

やり方としては、次のやり方が一般的です。

まず、鏡を見ながら目を大きく見開いてください。
眉毛は動かさず、自然に目を開き、眼球を奥へ押し込めるような
イメージでしてみてください。

目が痛くなったときは、目を閉じてから、まぶたの上を優しくマッサージしてください。
まぶたの脂肪が厚い方は、痛くなりやすいと思いますが、
慣れると痛なくなります。

これができるようになれば、上目づかいもやってみましょう。
とにかく眉毛が上がらないようにすることがポイントです。
白目をむくような感じになってしまうかもしれませんが、
続けて、目が痛くなったら必ず休ませてください。

毎日自宅で繰り返し続けてやると、
まぶたの脂肪が引き締まってくるのがわかります。
こうなれば、だんだんとあなたのまぶたも二重まぶたに近づいてくるはずです!

このトレーニング方法は、早い人では数週間後に
二重まぶたになったという方もあるそうです。
けれども、もともとまぶたが厚い一重まぶたの人は、
10年以上かかることもあるそうです。
もちろん個人差がありますが、まぶたの脂肪が薄い人の方が、
早く二重まぶたにできるようです。

まぶたのマッサージ法

 

 トレーニングをクリームなどを使って、より習慣化、強化するのがマッサージです。
では、マッサージの一例を、ご紹介します。

まず、マッサージの準備として、爪は短く切っておいてください。
まぶたなど、目の周辺は肌が薄いので傷つけないようにします。
そして、マッサージクリームを必ず使用しましょう。お肌への負担が軽減できます。

では、ここからが具体的なマッサージのやり方です。

 

①まぶたと指にクリームをしっかり塗り、両手をグーの形に握って
 親指だけピンとのばします。
②親指の腹の部分を、目の上の骨に当てるようにおき、
 親指の指先は、目頭の方向に向けます。
③目の上の骨を、親指で軽く持ち上げるような感じで、その状態のまま、
 目を見開きます。
④親指で骨を押し上げるようにすると、目じりにラインが入ります。
⑤さらに、ラインが入った状態を維持しつつそのまま親指を目尻にスライドしていきます。
⑥そうすると自然な二重まぶたのひだがつくはずでので、そのまま目を大きく開いたまま 10秒間キープします。

これを、お風呂上がりに毎日3、4セットおこなうと、二重まぶたのクセがつきやすくなります。

 

また、まぶたのマッサージは一重まぶたの原因でとなる脂肪を落としたり、
まぶたの皮膚を柔らかくするという効果もあります。

風呂上がりの血行がよいときに、二重まぶたのくせづけをしっかりおこなってください。
初めのうちは、二重まぶたのラインがすぐに消えてしまうかもしれませんが、
マッサージで実際に二重まぶたを手に入れた人も多くいますから、
あきらめずに根気良く続けましょう。

 

また、夜塗って寝るだけ 簡単パッチリ二重まぶたになりたい方の二重瞼エッセンス!などのクリームや二重瞼形成器 なども、お手軽にできる方法ですよ。

ただし、まぶたは皮膚が薄く、大変デリケートな部分なので、
あまり強くマッサージしてしまうと、目のクマなどトラブルを引き起こす可能性もありますので、
十分に気をつけてください、ね。