もてる女の容姿

美人をつくるスキンケア―

  

美白・美肌に良いと思ってやっているスキンケアの方法も、間違っているとまるで効果に結びつかないどころか、肌を痛めてしまうことになってしまいます。

 

美白・美肌に良く、また自分の肌に合っている化粧品を選んで下さいね。


美白成分の入った化粧品


美白成分には、メラニンを合成するチロシナーゼ酵素の活性を抑える働きがあるものが最も多く、現在厚生省が承認の美白成分は4つあります。

1)持続性ビタミンC誘導体
”持続性”のものは通常のビタミンC誘導体より安定性が高く、肌に必要な分に応じてビタミンCに変化し、皮膚内部にじっくりとどまりメラニンを淡色化し続けます。 


2)プラセンタエキス

皮膚の代謝を活性化させ、メラニンの生成を抑制したり、排出を促す作用があります。【ピュアエッセンス:P(プラセンタ エクストラクト)】肌のはたらきを助けるプラセンタエキスを100%配合した美容液

3)コウジ酸
チロシナーゼの活性を抑え、過剰なメラニンの生成を防ぎます。

4)アルブチン
同じく、チロシナーゼの活性の抑制と、過剰なメラニンの生成の防止。

☆その他、エラグ酸やルシノールも同様の作用があると注目されています。

 

美白と保湿の深~い関係


美白と保湿は一見すると別物のように思えますが、実は密接な関係にあります。

潤った肌なくして美白肌は得られません。

 

たとえば、いくらいい肥料を農作物に蒔いたところで、土壌の水分が無くなり乾いていれば効果がないのと同じで、せっかく高品質の美白化粧品を与えても、肌自体が

 

乾燥しているのでは意味がありません。

日差しが強ければ強いほど肌の潤いは奪われます。

 

寒くて空気の乾燥する季節だけでなく、紫外線の強い季節にこそ、保湿ケアに力を入れましょう。

美肌と保湿の関係


 

 

美白と保湿の深~い関係


美白と保湿は一見すると別物のように思えますが、実は密接な関係にあります。

潤った肌なくして美白肌は得られません。

 

たとえば、いくらいい肥料を農作物に蒔いたところで、土壌の水分が無くなり乾いていれば効果がないのと同じで、せっかく高品質の美白化粧品を与えても、肌自体が

 

乾燥しているのでは意味がありません。

日差しが強ければ強いほど肌の潤いは奪われます。

 

寒くて空気の乾燥する季節だけでなく、紫外線の強い季節にこそ、保湿ケアに力を入れましょう。