もてる女の容姿

美白と美肌には日焼けに要注意

  

美白・美肌の大敵一つの日焼けと・紫外線。肌は浴びた紫外線を蓄積し記憶しつづけます。浴びた紫外線がリセットされることはありません

 

皮膚の組織は、いちばん外側から内部に向かって、”表皮”、”真皮”、”皮下組織”という三つの層からなっています。

 

いちばん外側にある表皮は、紫外線などが体の内側に入らないように保護しているのです。

 

表皮は4層でできているのですが、 まず表皮細胞は”基底層”で生まれ、”有蕀層”、”顆粒層”、”角質層”へと移動し、剥がれ落ちます。これが”ターンオーバー”です。

 

健康な皮膚は約28日周期でターンオーバーを繰り返します。このターンオーバーの周期は年齢を重ねると長くなっていきます。

 

そのため例えば”基底層”でメラニン色素が出来た場合、長い間皮膚の奥に存在することになり、シミなどになっていく原因となります。

 

年齢と共に長くなるターンオーバーの周期ですが、栄養状態を良くすることで28日周期を保つことが可能です。

紫外線の肌への影響

 

 紫外線の肌への影響

 

紫外線には、UV-A(肌を黒くし、皮膚の老化を早める)、UV-B(赤い日焼けや皮膚がんの原因になる恐れがある)、UV-C(最も有害な紫外線ですが、オゾン層に吸収される為地表には届きません。)の三種類があります

 

UV-Aは皮膚の奥深く、真皮まで入り込みメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)を刺激しシミの原因をつくったり、コラーゲンやエラスチンを破壊しお肌のハリ、弾力を失くします。

 

UV-Bは表皮内に影響を及ぼしますので、外出時はUVケア商品で、お肌を保護する事が大切ですよ。

 

メラノサイトを活性化させシミをつくったり、コラーゲンやエラスチンを壊す酵素を生み出すのでシワの原因にもなります。

 

また、UV-Bに傷つけられた遺伝子が健康な状態に戻れなくなり皮膚がんなどの原因にもなります。


ただ、太陽光線にはビタミンDの合成や殺菌作用や免疫力維持のためなど私たちに必要な働きもあります。

 

ですからシミなどを恐れるだけではなく、紫外線とは上手くつきあうことも大切です。

 

ただし急激な日焼けをしてしまった場合は、すばやくお肌のケアをしてあげる必要があります。

 

 スキンケアー、ヘアーケアー対策はこちらを参考にして下さいね。