もてる女の容姿

足の臭いは大きなイメージダウンを招く

  

 男性と女性、あなたはどちらが足の臭いがきついと思いますか?

 

男性と答えた方!大きな間違いですよ。足の臭いは女性の方がきついんですよ。

たしかに夏場は素足にサンダルなのでそれほど足の臭いは気にならないかもしれません。

 

しかし、冬場のブーツ、汗を吸収しづらいストッキングなど、女性のファッションは足

の臭いの原因となるものが多いんです。

 

でも、世の中の男性は、女性の足はそれほど臭わないものだと思っている人が多いようです。中には、女の子の足は臭わない、もしくは臭うわけがないと、勝手に美化してしまっている殿方もいるようです。

 

ですから、靴を脱いだとき足が臭かったりしたらもう大変!確実にイメージダウンは避けられません。

 

そこで今回は、気になる足の臭いを解消する具体的な対策についてお話します。これさえ知っておけば、もう彼の前で靴を脱いでも安心です。


足の臭いの原因は汗と細菌

 

そもそも足の裏にはカラダのほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて両足で1日にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。

 

エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で99%が水です。したがって、基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。

 

臭いの原因となるのは、表皮ブドウ球菌やいわいるバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌です。これらの細菌が汗によって流れた成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

 

とくに、ブーツやストッキングは通気性が悪く、高温多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。

 

これが臭いをさらに増強させるわけですが、足の蒸れは水虫の原因にもなるので注意が必要です。

 

このため、冬場など革靴を履く機会が多くなるときは、できるだけ天然の革靴を選ぶことをお勧めします。天然の革は、合成革に比べて通気性がよく、汗も吸収しやすいので足の蒸れをその分だけ軽減してくれます。

 

 

これで完璧!足の臭い対策と解消方法


 

 これで完璧!足の臭い対策と解消方法

 

おそらく、一般的な足の臭い対策は次のようなものでしょう。

 

ボディーシャンプーで足全体を洗い清潔にする

 

足が蒸れたら消臭スプレーで消臭する

 

靴を脱いだら消臭剤を入れて一晩置いてから履く

 

あなたがこのような足の臭い対策を実践しているなら、その方法はあまり意味がありません。むしろ余計に足の臭いを増強させています。

 

えっ!何がいけないの?と思うかもしれませんが、今すぐ!正しい足の臭い対策に切り替えてください。すぐその効果の違いに気が付くはずです。

 

正しい足の臭い対策とは次のように行います。


【足を洗い清潔にする】

 

ボディーシャンプーは使わず、必ず固形石鹸、または殺菌用石鹸で足を洗ってください。ボディーシャンプーには保湿成分が含まれているため、足が保湿され靴の中で蒸れやすくなります。


【足の角質を落とす】

 

汗と一緒に流れ落ちた角質が細菌によって分解されるとあの嫌な臭いが発生します。普段から足の手入れをしっかりとして、角質を減らしておけば、足の臭いを抑えることができます。

 

また、足が蒸れた状態になると皮膚の角質はどんどん脱落し、細菌による角質の分解も進みやすく、臭いがより強くなるので気をつけてください。


【足湯をする】

 

40度以上の熱めのお湯をはり、お酢をコップに一杯いれます。そのお湯の中に足を15分間浸します。これにより足の血行促進、細菌を抑える作用が働きます。

 

また、とくに足の臭いが強い人は、お酢の代わりにお湯にミョウバン水を混ぜて足湯をすると効果的です。ミョウバン水の作り方については、「ミョウバン水で体臭対策は万全」で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてみてください。


【足の蒸れを避ける】

自宅ではできるだけ素足で過ごします。冬場など寒い季節は靴下を履いてもよいですが、暖かい季節はできるだけ素足で過ごすことで、足の蒸れを防ぎ臭いや水虫の発生を抑えることができます。

 

また、可能であれば、会社やオフィスでもスリッパを履くなど、足への通気性をよくしてあげると効果的です。


【靴のメンテナンス】

靴を脱いだら消臭・殺菌スプレーをしてシュードライを入れます。シュードライは抗菌作用があるため、臭いの素となる細菌を寄せ付けません。そのまま2日間放置したら、シュードライを外して木製シュートリーをはめ込みます

 

木製のシュートリーは、靴の型くずれを防ぎ、湿気や臭いを吸収するため靴を清潔に保ってくれます。

 

また、靴のメンテナンスについては、「靴選びのポイントとお手入れの仕方」でも詳しくお話していますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。


【靴を3足以上持つ】

靴のメンテナンスを行うには、少なくとも2日間必要です。また、メンテナンスを行わず、同じ靴を履き続けると靴の湿気が抜けきらず臭いの素になります。

靴は1日履いたら2日間は休ませましょう。それには最低でも靴が3足必要になります。


【下駄箱の消臭と乾燥】

活性炭・生石灰などを使って常に消臭・乾燥させましょう。この際、新聞紙を敷いたり、トイレットペーパーを置くと効果的です。

 

新聞紙やトイレットペーパーには除湿効果があり、下駄箱の湿気をちゃんと吸収してくれます。

 

なお、靴を乾燥させるとき、シュードライの代りにお菓子に入っているシリカゲルを使うのも良いでしょう。シリカゲルをそのまま袋ごと入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれます。

しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。

 

以上が正しい足の臭い対策です。

 

イヤな足のニオイ対策は、靴の中の蒸れた状態をなるべく短時間にして、細菌の増殖を抑えるのがコツです。また、どうしても通気性が良い靴を選べない場合は、湿気のこもらない対策や除菌対策が有効です。

 

足の臭い対策は、靴の除湿や除菌対策に少し気をつければ格段に効果が期待できますが、殺菌作用のある消臭スプレーを使うことでさらに効果がアップします。

 

ちなみに、エ ルシーラブコスメティック に靴・ブーツの除菌・消臭スプレーがあります。とても便利なアイテムですので、よかったら使ってみてください。