もてる女の容姿

脇汗のシミ、黄ばみ、臭いの悩み解消

脇汗をかくと、まず気になるのが洋服のシミ。

とくに夏場は薄着になりますし、洋服の脇の下にできるあの嫌な汗ジミは、結構目立つし恥ずかしいものです。

 

それに脇汗を気にして恥ずかしさが増すと余計に脇汗をかきますし、ちょと緊張しただけでも脇汗が腕を伝って流れ落ちてくることもしばしば…そのまま放っておくと洋服の脇の部分が黄ばんだり、周囲に臭いを放ったりするのも厄介です。

 

でも、安心してください!この程度ならきわめて普通ですよ。

 

よく自分は多汗症なんじゃないかとか、臭いを気にして腋臭症(わきが)じゃないかとか思い込む人もいますが心配はいりません。

 

この程度ならきちんと脇汗対策をすれば、ほとんどの人が、脇汗のシミ、黄ばみ、臭いから解放されます。


それでは、早速、効果的な脇汗対策を紹介したいと思いますが、その前に普通の脇汗の臭いと腋臭の違いについてお話しておきます。

 

結構、勘違いしている人が多いので、ここでしっかりその違いについて理解してくださいね。

 

普通の脇汗の臭いと腋臭の違い


汗を分泌する汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。2種類とも同じ汗腺ですが、水分量や含まれる成分に違いがあります。

 

まず、エクリン汗腺から分泌される汗は、99%が水、残り1%が、塩分・尿素・アンモニア・ミネラルなどです。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗と違い、無色透明で粘り気がないのが特徴です。また、エクリン汗腺から分泌される汗は、生命維持に欠かせない体温調整や皮膚の乾燥防止など重要な役割を果たしています。

 

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は、脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなどです。

 

エクリン汗腺から分泌される汗と違い、乳白色で粘り気があり、さまざまな物質を含んでいるので、細菌などによって分解されたときに独特な臭いが発生します。

 

もう、おわかり頂けたかと思いますが、普通の脇汗は基本的には無臭です。もちろん、多少汗臭い臭いはしますが、それは汗と一緒に流れた角質などが雑菌によって分解された臭いで腋臭とは異なるものです。

 

エクリン汗腺から分泌された汗は、通常のデオドラント対策で臭いを防ぐことができます。

 

これに対して、アポクリン汗腺から分泌される汗は、周囲に悪臭を放ちます。腋臭の直接の原因は、このアポクリン汗腺とされており、根本的に治すにはわきが手術しかないのが現状です。

 

腋臭が強い人の場合、デオドラント対策をしても、ある程度しか臭いを軽減することができません。
 

 わきが体質の見分け方


 

 わきが体質の見分け方

 

自分がワキガがかどうかは、きちんと専門医に診てもらわないとわかりません。自分の体臭が気になる人は、ちゃんと病院へ行って診察してもらうのが一番です。

 

ですが、日本人は欧米人に比べわきが体質の割合がかなり低いのが現状です。だからこそ、ワキガの人は余計に目立ってしまうわけですが、大抵の人は次のチェック項目に目を通してみて、該当する項目がなければ大丈夫だと思います。

 

両親のどちらかがわきが体質である

 

毛深い

 

耳垢が湿っている

 

衣服の脇の部分に黄色い染みができる

 

お風呂上りでもすぐに体臭が気になる

 

脂性

 

上のチェック項目の中に、『衣類の脇の部分に黄色い染みができる』という部分がありますが、基本的にこういう人は、アポクリン汗腺の数、分泌量が多いと予想されるため、わきが体質の可能性が高いと考えられています。

 

しかし、最近ではエクリン汗腺から分泌された汗でも、制汗剤などの使用によって、黄色いシミができることがよくあります。

この場合、衣服についた黄色いシミの感じと衣服との境界線で、エクリン汗腺から分泌された汗か、アポクリン汗腺から分泌された汗かを区別するとよいでしょう。

 

エクリン汗腺から分泌された汗の場合、たとえ黄色いシミができたとしてもぼんやりとした薄い黄色で、衣服との境界線がはっきりしていません。

 

これに対して、アポクリン汗腺から分泌した汗の場合、明らかに濃い黄色いシミで、衣服との境界線がはっきりとわかります。


脇汗のシミ、黄ばみ、臭い対策

 

さて、それではいよいよ脇汗の対策方法をお話します。上のチェック項目で、とりあえず自分はワキガではないと判断できれば、次に紹介する脇汗対策だけで、シミ、黄ばみ、臭いは十分に防ぐことができます。

 

また、上のチェック項目でわきがの可能性が高い人でも、ごく軽微なわきがの人なら、これから紹介する脇汗対策でかなりの効果が期待できると思いますよ。

それでは、脇汗のシミ、黄ばみ、臭い対策の方法を紹介します。

 

【食生活を改善する】

 

油が少なく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草など。わきが臭は食生活の影響が大きいですが、緑黄色野菜に含まれるビタミンA、胚芽やゴマに含まれるビタミンEにより抑制することができます。


【ストレスを溜めない規則的な生活習慣】

 

ストレスや緊張は汗腺の働きを活発にします。アポクリン汗腺の働きを抑える意味でも、不規則な生活習慣や睡眠不足はできるだけ避けるようにしましょう。


【気持ちのいい汗をかく】

 

日頃から汗をかかない生活を続けていると、汗がベタベタになり雑菌が繁殖しやすくなります。スポーツや半身浴などでサラサラの汗をかく習慣を身に付けましょう。


【水分補給】

 

臭いを予防するには、日頃からこまめな水分補給をすることが効果的です。体内で水分が不足すると、汗をかいたときの汗の成分が濃くなり、臭いが強くなります。


【衣類に気をつける】

Yシャツなどの吸水性のよくない衣類を肌の上に直接着ると臭いが発生しやすくなります。また、室内干しの臭い(雑菌・カビなど)が原因となることもあるので、除菌用の洗濯洗剤を使うなど工夫してみてください。


【制汗剤・デオドラント剤】

 

制汗剤で臭いの元となる汗を抑えれば臭いは発生しません。また、殺菌・抗菌作用のあるデオドラント剤で、細菌の増殖を抑えれば、基本的に汗をかいても臭いは発生しません。

 

しかし、制汗剤・デオドラント剤は持続時間に限界があります。その場合、ミョウバン水をスプレー容器に入れて、消臭・制汗剤として使う手もあります。

 

ミョウバン水の作り方については、「ミョウバン水で体臭対策は万全」で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてみてください。


【脇汗パッド】

 

軽微なわきがの人ならこれだけでもOK!抗菌・消臭効果もあり、脇汗のシミ、黄ばみもしっかり防止できます。使い捨てタイプもあるので衛生面でも安心ですよ。


以上の他にも、脇毛の処理・脱毛などがありますが、女性の場合、これは当たり前ですから今回は省略します。

 

あと、・デオドラント剤を使うときは、脇の汗をよく拭いてから使用するようにしてくださいね。先ほども言いましたが、制汗剤・デオドラント剤の成分が汗と混ざると、衣類に付着したとき黄色く変色することがあります。

 

また、脇に直接つけるクリームタイプやロールオンタイプの制汗剤の方が、スプレータイプの制汗剤よりも汗・臭いを抑えられるうえ、より長く効果も持続します。