もてる女の容姿

おりものの臭いや量が気になる人へ

  

 おりものの悩みでよく聞くのが臭いや量。私の周りでも、「あの独特の臭いが気になる」、「量が多くて気持ち悪い」といった悩みをよく聞きます。

 

しかし、これだけ女性にとって身近な悩みであるにもかかわらず、おりものについてはよく知らない人も多いようです。

 

たしかに月経などと比べると情報量が少ないのも事実ですが、基本的な事柄はネットで検索すればかなりヒットしますよ。


やはり不安なことはきちんと調べて、正しい知識で対応するのが一番です。そうしないと不安が募るばかりで、余計なストレスも溜まる一方ですからね。過剰なストレスはお肌の美容にもよくありません。

 

そこで今回は、おりものについての基礎的な知識の確認から、臭いや量といった悩みの解消法まで詳しくまとめてみました。

 

おりものについて悩んでいる人が何をどうすればよいのか?できるだけわかりやすく書いたつもりです。


おりものって一体なに?

 

おりものは女性の性器から出る分泌液の集合体で、腟粘膜の分泌液、子宮内膜の粘液、子宮頸管の粘液、バルトリン腺、皮脂腺、汗腺からの分泌液などさまざまな分泌液が混ざったものです。具体的には次のようなものの集合体です。


腟粘膜の分泌液…雑菌が腟の中に入るのを防ぐ目的で自衛のために分泌される粘液

 

子宮内膜の粘液…子宮内膜の分泌液で月経前後には子宮が透明な粘液を分泌する

 

子宮頸管の粘液…精子の通過を助けるために分泌される粘液で排卵時には量や粘度が増える

 

その他の分泌液…バルトリン腺やパスツール腺など性交時の潤滑さを促進する分泌液や皮脂腺や汗腺からの分泌液

 

おりものの役割としていちばんにあげられるのは、自浄(じじょう)といって、雑菌が腟の中に入るのを防ぐはたらきです。

 

おりものは、腟内を酸性に保つことで雑菌の侵入を防いでいます。この頃のおりものは、白色の粘液を分泌する場合がありますが、それは膣内が酸性であることを示している証拠で正常なものです。


また、排卵期のおりものには授精を助けるはたらきがあります。ふだんは酸性に保たれている腟内ですが、この頃には子宮頸管からの粘液が増え、アルカリ性を好む精子が進入しやすい環境に変わるわけです。

 

人間の体ってホントうまくできていますよね。
 

おりものの見分け方


 

 正常なおりものの見分け方

 

健康な時のおりものは、おおよそ乳白色で下着について乾燥すると白っぽくなったりやや黄色みがかったりします。

 

すっぱい臭いがすることもありますが、それは空気にふれて酸化したためで病気ではありません。

 

また、量に関して言えば、ほとんど感じないという人から、下着からしみ出してしまうほど大量に出る人まで様々まです。おりものは、色、量、臭いにかなり個人差があるので、それほど心配はいりません。

 

一般的に生理直後はおりものの量は少なく、続いて排卵期になると無色透明で粘り気のあるおりものの量が増え、生理前になると排卵期ほどではないにしてもおりものの量が増えた感じがすることが多いようです。

 

いずれにせよ正常なおりものというのは、無色透明あるいは白色で、当然かゆみや痛みは伴わないものです。

 

一方、異常なおりものというのは、かゆみや痛みを伴うこと、色が黄色や褐色であること、悪臭がある場合などです。

 

茶色・茶褐色・赤色・血性のおりもの、黄色、または緑色のおりもの、白、または黄色のおりもので、かゆみや痛みを伴ったり、異臭がある場合には注意が必要です。このような場合には、すぐに病院へ行って診察してもらった方が安心です。

 

病気検索 女性に特有の症状-おりもの

 

それとおりものの臭いですが、基本的に正常なおりものは無臭です。ただし、人によってはすっぱい臭いがすることもありますが、これはデーデルライン桿菌という善玉菌の臭いで、異臭というほどではなく正常な臭いです。

 

もし、これ以外の異臭を感じたら、性感染症や子宮の特有の病気、もしくは雑菌が多くなっている可能性があります。


おりものの臭い対策

異臭というのは、おりものが膿性である(膿んでいる状態である)ために起こるものです。炎症が落ち着いている状態であれば、膣内の洗浄だけでも治りますが、この場合はやはり病院を受診しておいた方がよいでしょう。

 

でも、異臭というほどではなく、何となく臭いが強い、どうしても臭いが気になる、という人はこちらのアイテムがオススメ!


おりものの臭い・悩みをスッキリ解消!ジャムウハーバルソープ&デリケートパック&セペ(6個)は、おりものの量が多くて気になる人でも、デリケートゾーンを清潔に保つことができるんです。見えない部分の美容には、【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック&セペ(6個)で差をつけちゃいましょう。

 

さて、今回はおりものについてお話しましたが、おりものは年頃の女性なら誰にでもあるものです。あまり神経質に考える必要はありませんよ。

 

そもそも、おりものは膣内を守る天然のクリームのようなもの!必要以上に気にして腟内を洗いすぎると自浄作用が弱まり逆効果です。

 

普段はぬるめのシャワーで手を使って軽く洗い流すくらいで充分ですよ。