もてる女の容姿

男性が感じるエロスとは

モテる女性・・・・男性が感じるエロスとは

 

男性が女性に感じるエロスとは、脚を組んだ瞬間に、一瞬見えたヒザ頭とか、カーディガンを脱いだ時に急に目の前に現れた二の腕などにエロスを感じる男性が大勢いるのです。

 

つまり彼らにとって、露出すること自体がエロティックなのではないのです。
   "
肉感を感じた"瞬間こそエロスだと言いたいのでしょう・・。
   
しかも豊満な肉体だけが男心をそそるのでもないのです。 
 
艶めかしい肉体ではないでしょうか。
   
そういう意味で、女は"肉体"に無頓着すぎるのかもしれませんね・・。
肉体の一部を見せたり隠したりそういうセンスがなさすぎるのかもしれません。

 

ありきたりの肌の露出ではなくて、もっとドラマティックな肉体の見せ方を計算していかなければならないのです。

   

男に「守ってあげなきゃ」と思わせる


 

少し短めのパンツからのぞく足首がキュッと引きしまっていて、グッときた、みたいな証言をする男は少なくないのですが、彼らによると足首はどうしても細くあってもらわなければ困る"急所"なのだそうですよ・・。

 

同時に、ウエストのくびれと首の細さも、女の体におけるエロスの急所になるようです。
   
よくしたもので、その3点が細いと、女は必ずヤセても見えると言うのです。
   
いわゆるバービー人形も、その3ヵ所の細さが強調されることでリカちゃんとハッキリ区別されていますよね・・。
   
人形のくせに"彼女"がいやに"なまめかしい"のは、胸が張り出しているからよりも、むしろ3点が意図的に細くデフォルメされているからなのです。

   
おそらくその3点は、女が男より弱い生き物であることの証なのだと思います。
 
ひとりじゃ生きていけないことをアピールして、男に「守ってあげなきゃ」と思わせる、愛されるための細さなのだとおもうのです。

 

隠れた"肉体"は見るからに体温を持っているのに、びっくりするほど白いと、ひんやり冷たい神秘的な肉をイメージさせるのです、少しピンクみを帯びていると、男性は触れてみたい衝動にかられるのですよ。

 

そうやって"体温ある美しい肉体"を装いの中にしのばせる…

 

もてる女はそのようにして、男をうならせるのでしょう・・。