もてる女の容姿

ミョウバン水は万能コスメ

「ニオイ対策」 としてご紹介したいのが “ミョウバン水”です。

 

ミョウバン水は、天然の万能コスメ用品として人気があります。

 

その人気の秘密は、スーパーやドラッグストアにいけば、安価で手に入る “焼きミョウバン” と水道水を混ぜるだけで、誰でも簡単に作れるので、非常にローコスト・・・

 

しかも、人工的に調合したものではない、安心の天然成分100%・・・

そして、あらゆることに適し、使い方はアイデア次第でどんどん広がっていく・・・


ミョウバン水は、まさに “万能コスメ” といえます。


わきが対策としては、“天然の消臭制汗デオドラント” として大いに活用できます。

なんってったって・・・コストがほとんどかからないのがいいですね!


ただし忘れてならないことは・・・

ミョウバン水はあくまでも 「ニオイ対策」 にしか過ぎません!
 

ミョウバン水を使えば、ワキガが治るわけではありません!

時間が経てば効果もなくなります!ということです。
 

ミョウバン水の作り方

 

ミョウバン水の作り方

 

焼きミョウバン50gを水道水1.5リットルで溶かしたものを “ミョウバン水原液” と呼んでいます。
 

基本的には、この原液を20~50倍程度の水道水で薄て使いますが、原液のまま使うこともあります。

 
① 空ペットボトルを用意し、1.5リットルの水を入れます。
 
② 焼きミョウバン50g(生ミョウバンならば75g)を入れます。
 
③ ミョウバンはスグには水に溶けません。
     そのまま直射日光の当たらない涼しい場所で2~3日放置します。
 
④ ミョウバンの結晶が溶け、液体が透明になったら原液の完成です。
      ミョウバン原液は、涼しい場所で保存してください。

 

これで “ミョウバン水原液” ができあがりました。

 
ミョウバン水原液の薄め方

 

ミョウバン水原液はそのまま使うこともできますが、消臭・制汗剤として使ったり、毎日の洗顔で使う場合には原液を薄めて使います。

 
① コップ1杯(200cc程度)の水道水を用意します。
 
② ペットボトルのキャップ1杯のミョウバン原液を入れます。
 
③ 薄めたミョウバン水原液は必ず冷蔵庫で保存してください。

以上がミョウバン水原液の薄め方です。

 

薄め方には個人差がありますので、刺激が強いと思ったら、さらに薄めて使用してください。
 

薄める前の “ミョウバン水原液” は、冷蔵庫に保存すれば1ヶ月くらいは保存できます。


ミョウバン水の使い方

 

ミョウバン水の主な使い方について・・・

【消臭・制汗剤】
ミョウバン水をスプレー容器に入れ、脇や足など臭いの気になるところへ使います。
また、洋服、靴、バックなどの消臭にも便利ですよ。


【ニキビの予防・解消】
毎朝、ミョウバン水で洗顔するだけでニキビを予防・解消することができます。


【お風呂の入浴剤】
原液を30~50ccくらいお風呂に入れて、ミョウバン浴をすると肌がすべすべになります。
ミョウバン浴は、体臭をおさえる働きがあるうえ、汗がさっと引き、あせも、水虫、さらには子供のアトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。


【お肌のケア】
ミョウバン水にグリセリンを少し混ぜる(小さじ1/2くらい)と保湿効果、また、原液にグリセリンを多めに混ぜる(小さじ2くらい)とお肌がスベスベになります。

 

これ以外にも、アイディア次第でミョウバン水の使い道はいくらでも広がると思います。

 

製品になったものは加齢臭が瞬間消滅!ミョウバン配合の薬用 超爽スプレーなどがあります。