恋愛テクニック          

シンプルできれいな心

     

聖書の中でイエス・キリストは「人をさばくな」と言っています。

 

「なぜ、兄弟の目にちりを見ながら、自分の目にある梁(はり)を認めないのか。」と説いています。

 

今日は面白い話をご紹介します。

 

リサとジョンという若い夫婦が新しい土地に引っ越して来ました。

 

ある日の朝、朝食を取りながらリサが窓越しに外を見ると、隣の家の人が洗濯物を干していました。

 

「あの洗濯物、汚れが落ちていないわ」とリサは大声で言いました。

 

「隣りの人は洗濯の仕方を知らないのね。」

 

ジョンも外を見ましたが、何も言いませんでした。
 

復縁・関係修復出来ない女性に足りないものそれは"○○を考える"ということです。
 

 

 

  

 

隣人が洗濯物を干す度に、リサは同じことを言いました。

 

数週間後、リサは窓から外を見て驚きました。
 

隣の庭に、すっきりときれいな洗濯物が干してあったからです。

リサは夫に言いました。

 

「ジョン、見て。隣りの人もやっと、洗濯の仕方が分かったみたいよ。でも、どうして分かったのかしら。」

 

ジョンは答えました。「実は、答えを知っているんだ。驚くかもしれないけど、今朝早起きして、ぼくがうちの窓をふいんたんだよ。」

 

イエス・キリストの言葉で言い直すと「なぜ、隣りの家の洗濯物が汚いと言いながら、自分の家の窓が汚れていることを認めないのか」となります。

 

私たちは掃除をしていない窓を通して、人を見てはいないでしょうか?
 

すべての事実を知っているわけではないのに、人を裁いてはいませんか?

 

人を見るとき、どこを見ていますか?

 

どんな判断を下しているでしょうか?

 

完全な人などいないのです。

 

あなたは愛する彼に、完全を求めていませんか?