恋愛テクニック         

もてる女は恋人に尽くす?

     

 恋人や他人に尽くすタイプの人が陥りやすい間違いがあります。
 

他人が喜ぶこと、他人の役に立つことをしてあげるのは、よいことに決まっています。
 

しかし、その言葉の表面的な意味だけにとらわれると、大きな落とし穴にはまってしまいます。

 

女性に多いのが、「私は、恋人に尽くすタイプです」と言う人です。

 

もちろん、尽くすこと自体は大いに結構なのですが、それを売り物のようにアピールしてしまうと、かえってマイナスのイメージをもたれて敬遠されたり、ごう慢な男性に利用されたりする危険性がありますので、注意が必要ですよ。

 

本当に「尽くしている」人は、尽くしているということは意識していないでしょう。

 

わざわざ「私は尽くすタイプです」と公言する人には、えてして、「さあ、私はこれだけのことをしてあげましたよ。それをあなたは、どう評価してくれますか。

 

何をお返ししてくれますか」という恩着せがましさが感じられるものです。

 

 

 

本当は自分のため

  

 

また、恋愛がうまくいかなかったとき、自分が傷つきたくないから、「私は精一杯尽くしたのに、相手がそれに応えてくれなかった。

 

私に落ち度はない。悪いのは相手だ」という逃げ道を用意しているようにも思われます。

 

本当は「自分のため」であるのに、当人にはそういう意識はまったくなく、「心から尽くしている」と思い込んでいるので、結局は「なぜ私の気持ちを判ってくれないのか」と他人を責めることになってしまいます。

 

もちろん、私たちは皆、エゴをもった人間ですので、完全に「何の見返りも求めず、他人のために尽くす」ことなど、不可能に近いことです。

 

「自分のため」なら、それでもよいのです。

 

それを「人のため」などとごまかさず、「本当は自分のため」とはっきり自覚するだけでも、よけいな悩みや苦しみから解放されるはずです。

 

安さの秘密は、口コミでの広まっているために、広告費用を抑えているからだそう。設備や用具などを一度に大量発注するなど、コストダウンに力を入れているそうです。他にも契約金額に応じた割引や、コース組み合わせによる割引などかなり太っ腹。友達を紹介すると6千円の商品券がもらえたり、ディズニーランドの1デーパスポートが貰えるなど、お得感満載です!銀座カラー全身脱毛・脱毛激安価格体験・申し込みはこちら