恋愛テクニック         

30代でも結婚できない女性の原因

       

 結婚で生活水準を落としたくないと思っていませんか?

 

「結婚で生活水準を落としたくない、今以上の生活をしたい。」結婚は経済的な苦労が伴う。

 

結婚は恋愛のゴールではなく、結婚してからの道のりの方が長いわけだから、食べていかなきゃいけないし、住宅や保険、出産、子育てなど出費も多くなる。


余裕を持って生きていけるだけのお金は誰でも欲しいものですよね。

 

「私は結婚しない」と強い目的意識と意志をもっている女性は問題なし。そういう人にとって、結婚だけが人生じゃないし、結婚よりももっと大切なものをもっている人は幸せかもしれません。

 

しかし、「独身は自由だし、今の生活レベルには満足、できればいつか結婚したい」と考えているあなた。

 

そうしているうちに、年齢だけはどんどん過ぎ、気がついたら結婚相手として誰も意識してくれない存在になっている・・なんてことになりませぬように。

 

大切なのは、その基準をどう自分の人生の中で実現していくかということ。

 

理想を持つことって大切ですが、今は経済力があっても、明日をも知れない昨今、一生安泰なんてありえません。

 

いつリストラに会って経済的な苦境に陥るか知れたものじゃありませんよ。

 

自分のスキルの水準を上げて、自分自身も経済力を持つ。金銭面で頼って結婚して、万が一、愛が冷めた時、離婚しても1人で生きていけるいようにしておきたいものです。

 

こんな風に、あなたの基準にいくつか幅を持たせて自分の設定した基準にから抜け出せず、肝心の行動に踏み出せないかぎり、理想の男に巡り合うこともなく、もてる女にもなれませんよ。

 

 

結婚相手への条件が高すぎる

     

 結婚相手への条件が高すぎる

 

結婚できない理由の一つとして、ありきたりですが、「結婚相手への条件が高すぎる」ってことがあります。

 

理想の夫、できのいい子供、仕事のキャリア、平穏な家庭、趣味の充実、余裕を持って生きていけるだけのお金・・・。

 

すべてを手に入れるのは現実的に無理です。「うん、こんなもんかな」というよい意味での妥協も必要なのでは?

 

自分の人生で何を大事にしたいか優先順位がはっきりしていれば、そこに焦点を合わせて男を選べばいいし、相手からも選ばれる確率も高くなります。

 

「もうダメか、ダメじゃないか」くらいの気持ちで何度かお見合いを経験してみるのも一つの方法です。


具体的な比較対象がいれば、「私にはこの人ぐらいでちょうどいいのかな」ってわかってくるから、結婚したいのにできない人は、この「私にはこの人ぐらいでちょうどいいのかな」という感覚が薄い女性なのかもしれませんね。

 

 

インターネット上のレビューや口コミサ イトでは、モビットは多くの顧客からの満足度の高い会社だとの評価がたくさん寄せられています。なぜ、モビットの評価が高いかといえば、他社で借り入れを拒否されたケースでも、多くの融資がなされていることによります。 これはモビットが他社に比べて審査基準が緩いとか、審査がいい加減ということではなく、逆に他社よりも的確な審査がなされているといっていいかもしれません。キャッシングカードは三井住友銀行グループのモビットで